FC2ブログ
「新東名」の…トイレ(笑)
DSCN7948.jpg


4月14日午後3時に新東名高速が静岡県内区間のみ開通。
御殿場から三ヶ日ICまでだそうだ。


で、今日は横浜に用があって、その後、東京まで行って、お友達の写真展を最終日に駆け込みで見てきたり、FBで10年ぶりに再開した友人に会ってきたりした。


が、今日のネタはトイレ。
というのも、帰路に新東名を使ったわけだけど、夜で真っ暗だし(東名高速と比べて暗かった…きっと節電の時代だからか、照明灯そのものが存在してないのだ)、さらに雨まで降っていたので景色は全く楽しめなかった。


というわけで、駿河湾沼津SAを探訪。
と、思ったが、SAそのものは、別段代わり映えもしなかった。
が、トイレはきれいだったよ〜。近未来っぽい空間で、ちょっと古い例えでナンだが、2001年宇宙の旅みたいな(でも、いまは2012年であり、それを近未来的と言って良いものやら…(^_^;)真っ白な空間だった。
写真がそれ。偶然、すべて空室だったけど、使用中には赤いランプが点灯する。
中央にあるのは手洗いで、まるでアイランド型キッチンのように存在してる。きれいだけど、トイレそのものが20近くあるのに、手洗いが2つってのは少なすぎやしませんか?


DSCN7949.jpg


こちらはパウダールーム。鏡も大きいし、明るくて使いやすそう。
手洗いと分けてくれたのは正解!
手を洗うだけの人も化粧直しをしたい人にとっても助かるね。


DSCN7950.jpg


トイレまでの通路。フロストガラスでおしゃれ。自然光になるとどういう感じになるのか見てみたい。


DSCN7953.jpg


こちらはウッドデッキでできたビューテラス。晴れた日の昼間なら相模湾が望めるんだろうね。


ここを見ながら、しばらくは従来の東名にあるSAは売上げが下がるんだろうな、などとどうでもいい心配をしていたわたしたちです。
スポンサーサイト



[2012/04/14 23:37] | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2)
桜エビと花見と富士山と♪
DSCN7733.jpg


桜エビ漁が解禁された、とテレビで見た。
これは由比あるいは清水に行くしかないよね。
ってことで、桜も咲いたし、清水へ行くことにしました。ひさびさだな〜。
天気も快晴。花見日和!


桜エビのかき揚げ! サックサク! 甘い香り〜!
なんにもつけずに、ぺろり。んまんま〜(^-^)


DSCN7734.jpg


もちろん海鮮丼だってうまうまでした。旬の初カツオ、甘エビ、マグロ、ヒラメの盛り合わせ〜。シアワセだな〜♪ これが日替わりだったため1,000円なり。
清水漁港「河岸の市」は全体的にリーズナブル。 エライ!


腹ごしらえもしたし、さて、花見に行きますか。
今回は、清水の近くで探したら日本平がいいみたいなので、初めて行ってみることに。
日本平パークウェイとかいう道路を通って山頂方面へ。


DSCN7739.jpg


途中、開けたところがあって、富士山や相模湾一望でなかなかきれいでした〜。
が、日本平そのものは、まあ、なんもなくてぇ〜(^_^;
桜フレーバーのアイスを食べただけで、さっさと後にして、桜度が足りないので(もっと花があると思っていたもんで…)身延山に行ってみることに。


DSCN7757.jpg


身延山久遠寺、名前は聞いたことあるけど、来たのは初めて。
あら! 結構立派な山門じゃない(失礼)。写真はその山門と枝垂れ桜。
京都の知恩院さんみたいな大きな山門が迎えてくれました。
ちなみに、桜の時期は混雑を避けるため、ちょっと離れたところに車を停めて、シャトルバスで行きます。残念ながらバスは有料です。


DSCN7794.jpg


ぎょっとするくらい急な石段。270段くらいだったかな。満腹の重い体にはキツイでござる。が、運動しなくちゃ、とも言えますが…。
金比羅だって登ったじゃないか、フィレンツェの大聖堂だって登ったぞ、などと自分を騙しつつ、登り始める。
が、一段が高い! なんで、こんな25センチくらいを一段にするのだ。足があがらないよ〜。
と思っていたら、目を疑う光景が…。


DSCN7767.jpg


地元の高校生とおぼしきグループが片足けんけんで登っているのだ! あり得な〜い!(@_@;)
足、踏み外したら、真っ逆さまだよ〜。死ぬだろう、これじゃ!
が、みんな、途中でへたることはあっても足をひっけるとか、踏み外すこともなく無事上がってくる。
若いってすごいね〜。感心しきり。


DSCN7771.jpg


そんなに苦労して、死にものぐるいで(マジだよ)登ったのに、山頂は満開ではなかった!(゜◇゜)ガーン
やられたね…この間の富士見展望台と同じだ。
人生、なかなか苦労は報われない…(v_v) 


写真は久遠寺の本堂。
写真撮った後に中の方に近づいたら、撮影禁止と出ていた。あわわ、すんまそ〜ん。
入口近くには何も書かれていなかったので撮っちゃったよ。確認、甘し…。


DSCN7785.jpg


枝垂れ桜が有名なので、本堂近くには枝垂れ桜の苗木も売られていた。登頂記念のお札つきで、1,300円なり。リーズナブル。しかし、荷物になるので我慢する…。桜は、まあ全体でみると5分咲きくらいかな…。


DSCN7792.jpg


桜は満開ではなかったけど、さすがにあれだけの石段を登ると達成感はあるので、今日のところは「このくらいにしといたる」などと吉本のようなセリフを吐いて帰途につく。


DSCN7804.jpg


戻ってきたら、フジコがほんのり桜色になって迎えてくれました。メデタシ、メデタシ。

[2012/04/07 00:26] | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2)
写真展をはしご
DSCN7335.jpg


金曜日、ちょうど仕事がぽっかり空いたので、友人オススメの写真展などに行ってきた。
まずは新宿コニカミノルタギャラリー。
オーロラの写真展と、動物写真展の豪華2本立て。
さらにアンケートに答えると写真のジム・ブランデンバーグ氏のカレンダーまでいただけちゃうのだ!
と、すでに情報を得ていたワタシは、いそいそとアンケートに答え、まんまとカレンダーを入手。うれし~♪
ジム・ブランデンバーグさんの写真はSINRAを愛読していたころ、よく楽しませていただきましたっけ。
コニカミノルタの今年のカレンダーなのね、これ。
素朴な疑問。コニカミノルタってカメラ事業から撤退してるのに、ギャラリーやってるのね…不思議…。


オーロラの写真展は、いや、美しいのだが、やはりこれは実体験に勝るモノはないだろう、と思ってしまうのでありました。見たいね、生きてるうちに。
しかし会場で「なぜオーロラができるのか」についての解説ビデオが上映されており、これがなかなかわかりやすく、勉強になりました。


ジム・ブランデンバーグさんは言わずとしれた動物写真家の第一人者ですね。ナショナルジオグラフィックなどでもご活躍。決定的瞬間だけでなく、写真としてのクオリティも高くて素晴らしいです。よろしければ、是非!
いずれも2月19日まで。「コニカミノルタプラザ」にて。入場無料。


201201271419000.jpg


もうひとつは銀座三愛ビルにあるリコーのギャラリーRINGCUBE
こちらは打って変わって南米の新人カメラマン「アレハンドロ・チャスキエルベルグHigh Tide」。
南米好きの友人が紹介してくれたんだけど、4×5でしかもフィルム、月光で撮影なので、シャッタースピードが10分、なのにモデル撮影という「あり得ない」ようなシチュエーションの写真です。


まず、写真を見ても月光であることは意識しないとわからない。ただ、ライティングもしているので、不思議な質感と色合い。まるで着色されているかのような世界です。モデル達はとても10分も止まっているとは思えないようなポーズをしているんだけど、そこは止まっているせいか、なんだか表情が固い。なので、個人的には、まるでジオラマの人たちみたいだと思いました。
なかなか刺激的で面白い写真でしたね。紹介してくれたMちゃん、ありがとう~♪ 面白かったわ!
こちらは2月5日まで。入場無料。ちなみに、会場は珍しく撮影OK。
[2012/01/29 23:36] | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4)
カフェ・ナチュレ訪問
DSCN7298.jpg


富士宮の有名人といえば、工藤夕貴さんでしょうか。
先日、Facebookでン10年ぶりに再会した旧知の女性カメラマンが偶然工藤さんと友人だったので紹介してもらいました。今度カフェにお邪魔します~といいつつ、す~ぐ時間が経ってしまうでのありました。
今日、思い立って行ってきました「カフェ・ナチュレ」。


何度かクルマで前を通ったことはあるのですが、行くのは初めて。
友人のお薦めは「タジンカレー」。聞いた話では、震災後、計画停電があっても、提供できるメニューを、ということで考案されたものらしい。


DSCN7300.jpg


細かく刻まれた野菜と、ゴロゴロ入っているジャガイモ、ニンジン、タマネギのそれぞれの甘さがおいしい、やさしいカレーでした。小麦粉一切不使用だそうで、さらさらです。
左上はジャガイモの炒め物。そのヨコはニンジンのゼリー、オレンジソース。右下はらっきょう。


DSCN7294.jpg


店内は白で統一された清潔かつガーリーなイメージ。


DSCN7296.jpg


窓枠に飾られているフェルトの作品は売られているようです。
冬には暖かいイメージでいいかも。
他にも、一枚目の写真に写っているバッグなども売り物でした。


残念ながら、工藤さんは外出されていて、会えなかったのですが、スタッフはとてもフレンドリーで笑顔の素敵な人でした。
帰り際に、畑のことを聞いたら、ちょうど店の奥にいた「畑担当のひと」が出てきてくれて、柵の外からですが畑を見せていただけました。ちなみに、柵の中にはメェ~メェ~が2匹。頼もしい草取り係ですね!


畑担当さんとしばし、冬の畑事情について話して、帰ってきました。やっぱり条件の近い場所での畑事情は参考になります。
帰りに、外観の写真を撮ろうと思っていたのに、畑の話をしたら、すっかり忘れて帰ってきてしまいました。また行ってみよう~っと。
[2012/01/23 22:34] | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2)
2年ぶりの釣り!
静岡県にきてから一度も釣りに行っていなかった。実際には近くなったのにね。
週末、急に行くことになった。日帰りで伊豆に行けるのだ! わ~い♪


しかし、現実は厳しかった…。
まあ、いきなりだったので、潮目とか考えずに行ったわけだけどね、旬とかもアジかな~くらいだったけどね、久々すぎて、仕掛けのこともうろ覚えだったけどね…。


201110021305000.jpg


だからって、なんでアイゴばっかなの~~~~(>_<)


そうなのだ。時々、アイゴって爆発的に増えるんだよね…。マイッタ!
とにかくアイゴばかりなのだ。
石垣の友人はアイゴ、おいしいよ~って言うけど、ここいらでは「しょんべんくさい」と言われて人気がない。実際食べたことあるけど、確かに臭いのよね。引きもいいし、食べられるのならウレシイんだけど…。石垣とは水が違うからかな~。
そんなわけで、残念ながらリリース。
基本的には何でも持って帰るクチなので、五目釣りなんだけど、アイゴとクサフグとゴンズイはNGだな。


ほかはチビの真鯛とヘダイだけ。これらは本当は小さすぎてリリースなんだけど、針を飲み込んでしまうと、放しても死んでしまうのでお持ち帰り。昨日、ありがたく鯛飯でいただきました。ごちそうさまでした。
鯛は小さくてもそこそこ引くし、味もよろしい。腐っても鯛とはよく言ったものだ。


201110021832000.jpg


せっかく伊豆までいったことだし、お気に入りのお店、松崎にある「浜宮」さんへ。
ここは本当になにを食べても美味しい。
刺身はもちろん、煮物、焼き魚、煮魚、サラダ、唐揚げ。
今回、定食の刺身に酢味噌がかけてあって、「酢味噌?」と思ったが食べてビックリ。実にうまい! 感動~。
今回は煮魚がカサゴだったけど、普段は王道「金目鯛」。どうしたら、こんなに煮魚がおいしくできるんだろう…。技に脱帽です。


DSCN6703.jpg


釣れなかった分、きれいな夕日には巡り会えました。
いつもと違う角度からのフジコ。西の方にはまばゆいばかりの西日が沈んでいきました。ありがたや…。
写真は雲見からの夕景。
[2011/10/04 21:54] | おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ
ヤマヲ ノボル ウサギ ノ…


ナニシテ 暮ラソウカ

プロフィール

CoGG

Author:CoGG
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR